商品コンセプト

GRコンセプト

 GR ski life の商品は「GRコンセプト」と銘打ってのコンセプトに基づいて企画、開発、製造がされております。このコンセプトはユーザーの目線に立って、最もスキーボードとスキーボーダーの為に最適な商品をお届けしたいと考え、商品にその思いを込めて販売しております。
 GR ski lifeの商品がGRのものらしく他と区別されるために。そして「すべてをすべてのスキーボーダーの為に」のスローガンを実現すべく掲げられるのがこのGRコンセプトなのです。


GRコンセプト「プレチューンナップ」

 GRの板はすべて「プレチューンナップ」が行われます。(内容に関しては「チューンナップ」参照)
 このプレチューンナップは一台一台手作業で行われます。プレチューンナップの行われた板は購入してまさにそのままゲレンデへ持って行って使っても良いように仕上げられております。
 なぜこのようにひと手間かけるのか。それはスキーボードは普通の長い板と同じチューンナップでは不都合があり、それを熟知するチューンナップショップや技術者がそう多くいないという事があるからです。買ったままのスキーボードをプレチューンナップせずにそのまま滑ると、エッジが引っかかり滑りにくく快適に滑れません。かといってスキーボードの特性を把握していないままプレチューンナップをした場合、より滑りにくくなってしまう事もあります。
 そういった初期的なネガティブな要素を払拭し、初めて使うその日から快適に楽しめる板を目指してGRではプレチューンナップを行います。そうして一台一台仕上げられた板はすべてGRが自信をもって提供できる板になります。


GRコンセプト「ユーザーズメイド」

 GRの板はすべて開発、テスト、デザインをスキーボーダーが行います。スキーボーダーだからこその目線で作られる板は、ユーザーが長く楽しめるように工夫されております。
 これらの開発やテストはオープンに意見を求め、試乗なども積極的に行ってもらった上で商品化されます。GRに協力して下さる有志があってこその商品開発ですが、だからこそニーズにあった今スキーボーダーが求める板をご用意することが出来ます。
 様々な機会でご協力やご意見を頂くことがあると思います。それらを商品に表現することがGRの考える「ユーザーズメイド」と言う考え方なのです。


GRコンセプト「ダリングマーク」

 GRの板の滑走面には、その⁴隅に小さな▲のマークが描かれています。これは「ダリングマーク」というもので、GRの板の大きな特徴の一つです。
 スキーボードはその短さ故に故意的に不必要なエッジを削り落とす「ダリング」と言う加工が重要となっています。このダリングによってその乗り味や板の性格は大きく変わり、適切に施す事でより自分に合ったスキーボードに変化します。
 ですがこのダリングと言う作業は簡単ではなく、失敗すると戻すのが困難など、一般のユーザーがダリングを行うのは非常に難しい作業となります。
 そこで、GRの板はこの作業を少しでも簡便にするために滑走面に「ダリングマーク」を用意しました。もちろんプレチューンの時点で一般向けにダリングが行われていますが、ユーザーの好みによってダリングを行う場合に目安としやすいようにダリングマークを用意しております。この位置はそれぞれの板で異なりますが、おおむね適切な位置に設定されています。
 もちろん具体的な方法は動画などで紹介致します。積極的に行う加工ではありませんが、少しでも快適に扱えるようにこの「ダリングマーク」をご用意させて頂きました。


GRコンセプト「B-セレクト」

 これまでのスキーボードにおいて、一般のスキーで用いられているような転倒時などに解放して板が外れる機能を持った金具「バインディング」は、実はスキーボードでは取り付けられていないことが多く、ようやく最近でも前もって取り付けた状態で売られています。GRではWhiteLandが取り付け状態での販売を行いますが、しかしそれはエントリーユーザーの為に扱いやすく手に入れやすいように用意したものです。
 ですがForFree、SnowFairyではバインディングを取り付けての販売は行いません。これはGRが掲げる最も大きな特徴の「B-セレクト」コンセプトによるものです。
 これまでのスキーボードでは簡易的に板とブーツを固定する「固定式バインディング」と言うものが主流でした。このバインディングは非常に軽量で、これがスキーボードの特徴を大きく表す要因となったものだったのですが、履きにくく外れないという危険性の為に忌避されている現状もあります。
 したがって扱いやすさと安全面から一般の解放するバインディング──「解放式バインディング」──を採用するメーカーがここ数年増えているのですが、しかしこれらのバインディングは重量や性能にある程度の妥協が必要です。スキーボードの最大の特徴である軽さを失ってしまっては意味がないからです。
 そこでGRでは「B-セレクト」と銘打って商品を開発しました。板の内部構造に工夫を加え、一般の解放式バインディングが取り付けられるようにし、従来のバインディングやスノーボードブーツでも履くことが出来るソフトブーツ用のバインディングが選べるように「4×4インサートホール」を同時に用意しました。
 安全面からGRでは解放式の採用を強く勧めますが、ユーザーご自身の責任において可能な限りバインディングを選択できるようにしたのがこの「B-セレクト」なのです。
 昨今の解放式バインディングは非常に軽いものも多く、そういったバインディングをユーザーが自由に選べます。また、ファッションやこだわり、使い方やスタイルに合わせて選べるこのコンセプトはGRだけが用意する革新的なコンセプトなのです。

*本文中でも触れていますがGR ski lifeでは安全面から解放式バインディングの使用を強く勧め、商品開発も行っております。従来のバインディングを用いる際はユーザーご自身の責任の上ご利用頂きますようお願い致します。GR ski lifeではバインディングによる事故、怪我に関して一切責任を負いませんのでご了承下さい。尚、解放式バインディングの取り付けに関しましては商品と同梱致します取扱説明書をご参照の上、正しく取り付けを行って下さい。


GRコンセプト「GRサポート」

 一般のスキーとは似て非なるスキーボード。これを多くの人が理解し楽しんでいただくためにGRではコンテンツとして様々な情報を発信し、コミュニティー活動を通して他のユーザーと結びつける機会を提供し、メンテナンスの請負などでスキーボードのある生活をサポートします。
 売るだけでなくスキーボードにまつわるすべてをサポートする。それがGRの活動です。
 人数は限られますがレッスン会などの活動も行います。一人一人が安心してスキーボードを楽しんでいただくために、GRでは活動を通してユーザーをサポートしたい考えています。


このエントリーをはてなブックマークに追加